「モンスター格闘場」のある砂漠の『アラハギーロ王国』

2013年11月21日 | バージョン2

http://www.famitsu.com/news/201311/21043251.html

各ゲーム情報サイトにて、バージョン2「眠れる勇者と導きの盟友」の最新情報が公開されています。

今回明らかになったのは、砂漠にある「アラハギーロ王国」。

高い城壁に囲まれた王国で、オアシスや娯楽施設「モンスター格闘場」があるそうです。

「アラハギーロ王国」の登場人物

・セラフィ

青い髪が印象的な少女。気弱そうに見えるが、好奇心旺盛で人懐っこい一面も。正義感が強く、闘技場で戦わされている魔物たちをいつも心配している。

・ベルムド王

アラハギーロ王国を治める現国王。過去を失った国民たち、ひとりひとりに生きる意義を与えており、民衆からの強い支持を受けている。アラハギーロでは、なんと王みずからが国民の名前を考え、与えている。

・チョメ

片目に十字傷を持つ、白いキラーパンサー。セラフィと同じような腕輪を身につけており、いつも彼女のそばを離れない。

 

公開されたばかりのプロモ映像2にも、ここでのイベント映像が出ていましたね。

「モンスター闘技場」やセラフィとチョメの関係性などを見ると、この国が新職業の「まもの使い」や、乗り物としての「キラーパンサー」に関係してくるのかも?

いつの日か、格闘場で仲間モンスターを戦わせることができるのかもしれませんね。
(実装されるとしても、だいぶ先だと思います…。)

 

外部でこういう情報が公開されるのは良いのですが、その後公式プロモーションサイトにも載せて欲しいですねー。


ドラゴンクエスト 蒼天のソウラ3巻
  特典 しぐさ書「ツッコミ」つき



ブログの更新情報をチェック

関連記事

ページ上部に